睡眠時無呼吸症候群(SAS)でお悩みの患者様へ

SASは放置すると、高血圧・肥満・糖尿病にかかりやすくなったり、既にかかっている人は症状を悪化させてしまう恐れがあり、きちんと治療することが必要です。

SASの治療法には、概ね次に挙げる3つの方法があります。
① C-PAP(持続的陽圧呼吸器)
② 咽頭形成術
③ マウスピース

①のC-PAPの場合は睡眠時間の70%以上の持続装着使用必須です。また対症療法の為、継続使用をしなければならず、その費用持続的(月5,000円程度)に発生します。

②の咽頭形成術はSASの主原因とされる気道狭窄(空気の通り道が狭い状態)に対し、それを広げる手術で根本治療と言えます。
ただし、術後2週間前後は強いのどの痛みがあります。

③のマウスピースは歯科での治療となるため、SASに合併することの多い、高血圧・肥満・糖尿病の治療が見落とされやすく、装着による顎関節の痛みが起こりやすい事が指摘されています。

更に、様々な疾患に対する治療後の有効性に対して、他の国より厳しい基準を設けているアメリカの医学界の中で、米国耳鼻咽喉科のホームページにSASの治療に関する記載があります。(原文は上記をクリックしてください)
それをまとめると、C-PAPの使用が難しい患者様の場合は、気道を広げる咽頭形成手術が有効であるとして推奨しています。

以上の観点から、SASでお悩みでC-PAP使用に抵抗のある方使用困難な方には、咽頭形成術をおすすめします。

「術後の痛み軽減」への取り組み

咽頭形成術の問題点は術後の痛みが大きな問題でした。

手術で効果を得るためには十分な切除(侵襲)が必要ですが、反面侵襲が大きいと痛みが強くなります。

この相反する問題を解決すべく、

1切除時間の短縮。適切なレーザーの使用により切除時間の短縮が可能になり、切除に伴う出血のコントロールができるようになりました。

これにより組織へのダメージを軽減し治癒促進になります。

2術後の損傷(傷口)早期回復。適切な薬剤を術当日使用することにより損傷治癒を促進。

これに取り組くみました。

結果、術後の痛みの軽減につながりました。

いままでは、多くの患者さんが内服の痛みどめでは、痛みが強く

痛みどめの座薬がたくさん必要でしたが、座薬を必要とする患者さんが減ってきています。

今後ともこの外科手術の避けられない術後の痛みを緩和するために、日本のレーザーメス制作会社「飛鳥メディカル」のスタッフとともにレーザーメスの改良も含め取り組んでいきます。

動画FAQをアップしました!

動画FAQをアップしました、都筑先生の生の声を皆さんにお届けします。 レーザー治療年間3,000件を超える実績の上から今後、動画メッセージをお届けします。


【動画FAQ一覧へ】

『新「名医」の最新医療 2014』に掲載

全国176人の名医として紹介されました

当院の紹介並び、当院の院長の都筑のインタビューが、週刊朝日MOOK『 新「名医」の最新治療 2014』12月10日号に掲載されました。

昨年は、同誌に全国160人の名医として紹介され、今年は全国176人の名医として二年連続で選出されました。

掲載された記事全文を下記にまとめています。無呼吸症候群のレーザー治療方法だけでなく、SASの改善に対する患者へのアドバイスもかかれています。

対症療法から 根本療法へ

睡眠時無呼吸症候群(以下、SAS)は、寝ている間に咽頭部の上気道が閉鎖する睡眠障害だ。体重の増加と関係があり、とりわけ中高年の男性に多い。肥満の人が仰向けに寝ると舌の付け根(舌根部)が下がり、気道を押しつぶしてしまう。一般的には、CPAP(就寝時に装着する鼻マスク)によって圧力のかかった空気を送り込み、気道を広げて呼吸を助ける治療を行う。ただし、気道が閉鎖する原因の解決にはならず、対症療法にとどまっているともいえる。

「SASは『自分で治す』という意識が大切です」と話す銀座コレージュ耳鼻咽喉科の都筑俊寛理事長は、患者の体重管理のサポートを重視している。患者一人ひとりに丁寧にカウンセリングを行い、等質制限を中心とする食事指導で無理の無い減量を目指す。体重を身長マイナス100(身長170センチの人の場合は70キロ)に抑えることが目標だ。また、同院ではSASをはじめとする身近な疾患について無料セミナーを開催し、啓発運動にも力を入れる。

レーザー治療で気道を広げて楽にする

クリックすると拡大表示されます

生活改善は根気よく続ける必要がある。体重が落ちるまでの間はCPAPを活用するが、狭くなったところに空気を送り込むので息苦しく感じたり、とりわけ花粉症やアレルギー性鼻炎で鼻が詰まっている場合はかえって睡眠障害が悪化するケースもある。

そこで活躍するのがレーザー治療だ。レーザーを用いて鼻やのどの肥大化した部分を焼灼し、空気の通り道を広げるのである。
このレーザー治療において、同院には開院以来11000件以上(2009年9月〜2013年10月)の実積がある。 なお、花粉症やアレルギー性鼻炎の原因となる粘膜や、いびきで振動する部位をレーザーで焼灼するので、SASと合わせて、これらの疾患の複合的な改善を期待できる。また、空気の通りが良くなるのでCPAPを使う場合にも楽に感じられ、体重管理が進めばCPAPを外して眠る事も可能になるという。

「高血圧や糖尿病などの生活習慣病と共通の背景(特に肥満)を持つSASの治療は、体重管理による全身の健康づくりと結びついています。これこそが当院の掲げる新しいコンセプトなのです。」


睡眠時無呼吸症候群は、命に関わる疾患です。記事を読んで、自分が睡眠時無呼吸症候群ではないかと不安に思った方は、当院にご相談ください。また、新しいクリニックのコンセプトでもある、睡眠時無呼吸症候群の治療+減量による健康な体作りに関心がある方も是非、ご予約・ご相談ください。