第4回 いびきは美肌の大敵 (2013/11/08)

今月は美容・美肌と睡眠障害のお話をします。

寝る子は育つ

世間では「寝る子は育つ」と言われていますが、成長に必要な成長ホルモンが分泌のピークをむかえるのは、睡眠時なのです。この成長ホルモンは体の成長に関係するだけでなく、体の様々な組織の修復・再生をする働きがあります。

肌もその一つで,成長ホルモンは、睡眠中に肌の新陳代謝を活発化させたり、血行を良くして肌の老廃物を取り除いたりしてくれるため、美肌の維持、シミやシワの防止には欠かせません。肌や髪の細胞ひとつひとつをみずみずしく、美しく保つためには、成長ホルモンの働きが不可欠なのです。

いびきをかく→睡眠不足→肌荒れ

美肌のためには、睡眠が重要と以前より言われています。また、実際に睡眠不足の朝は肌が荒れていると感じられている方も多いと思います。

この成長ホルモンがしっかり分泌されるには、深い睡眠が必要であることがわかってきました。睡眠状態を分類したstageIVという状態です。いびきなど睡眠障害があるとこの深い睡眠が妨げられ、成長ホルモンの分泌が少なくなります。

結果肌にはりがない、クマやかさつきがおこってくるのです。

つまり、美容の面からも、いびきは大敵なのです。

当院では女性の方のいびき診療も行っております。安心してご来院いただける個室対応です。
女性のいびきに安心の個室対応

【著者紹介】

都筑 俊寛(ツヅク トシヒロ)
・日本耳鼻咽喉科認定専門医
・NPO法人 日本臨床レーザー協会 会員
いびきや鼻炎の外科的治療を行ないいびきレーザー治療では年間3,000件以上の実積を持つ。
『 新「名医」の最新治療 2013』(週刊朝日増刊号)で全国160人の名医として掲載された。
詳しいご紹介