いびきのレーザー治療が受けられない体質はありますか?

A. 当院の診療では、以下の条件に該当する方は、適応にならない可能性があります。予約の際に、ご相談ください。

1.重度の糖尿病の方
※手術後傷の治りが遅い為、感染症のリスクが高いことから手術を行うことができません。

2.極度の高血圧の方(上200以上、下120以上が目安です)
※初診に来て頂いた際に、医師に血圧のお薬の処方をされ、手術当日までお飲み頂いた結果、上が150前後まで落ちてきている事が目安になります。
これ以上ですと、手術の際、出血した場合の止血に問題がある為です。

3.重度の心臓病の方(重症不整脈・心筋梗塞後など)
※ワーファリンなど、抗凝固剤を使用していることが多い為、手術の際出血が止まらなくなるので、主治医と相談して頂き、手術の前後2週間お薬を止めることが出来るかの確認が必要になります。

4.喘息の方(発作が頻発している場合)
※激しい咳は、出血の確立が高くなる為、発作が出ている間は手術は出来ません。
もちろん風邪をひいている状況でも手術は延期となります。