銀座コレージュ耳鼻咽喉科の睡眠時無呼吸の診療スタイルの特徴はなんですか?

A. C-PAP(シーパップ)を使用できない、C-PAPを使用したくないという患者様に対して、米国耳鼻咽喉科学会のガイドラインに基づいて、咽頭形成術(レーザー手術)を行うことを基本としています。

当院では、常に大学病院と連携し、その教授も診察にみえています。
扁桃腺肥大など、入院手術が必要な場合は紹介しています。
また、肥満・糖尿病・高血圧といったSAS(睡眠時無呼吸症候群)合併の疾患に対しても、同時に治療を行い、現在までに、多くの患者さんから減量に成功した。
糖尿病の検査値が正常範囲に入った。血圧が下がったと喜ばれています。