C-PAPを使い続けますか?

C-PAPとは?

C-PAP(Continuous Positive Airway Pressure)とは睡眠時無呼吸症候群に対する治療法です。
C-PAP専用の装置を使用し、圧力を加えた空気を鼻腔経由で送ることにより、閉塞している気道を広げ無呼吸状態を防ぐ治療法です。
CPAP
C-PAPを装着することで、いびきは軽減され呼吸症候群をなくすことが可能で、無呼吸症候群の治療法として知られています。

レーザー治療

レーザー治療
多くの問題点を持つC-PAPですが、当院が行うレーザー治療で、いびき・無呼吸症候群の治療が可能です。
当院は、年間3,000件を超えるいびき・無呼吸症候群のレーザーをおこなっており、日帰りで手術ができます。また、保険診療であり、痛みや出血など、体への負担が少ないのが特徴です。
無呼吸症候群は脳卒中・心筋梗塞による突然死など、多くの病気を誘発する危険性があります。
そのため、早期の診療及び治療をお勧めします。