ゾレアは、季節性アレルギー性鼻炎の症状を
引き起こす

アレルギー反応の元を
抑えます。

2020年4月1日より薬価改定となりました。
※平均3万円(保険適用)
※患者さまによって異なる場合があります。

  • 効果はおよそ
    1ヶ月

  • 初回にかかる治療総額は
    平均3万円(保険適用)

  • 鼻レーザー治療
    と併用も可能

※引用元:ノバルティスファーマ株式会社(hajimete-xolair.jp)

ゾレアのしくみ

ゾレアは、季節性アレルギー性鼻炎に対して効果を発揮するお薬です。 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)では、アレルギー反応による炎症によって、鼻水・鼻閉やくしゃみ、目のかゆみなどの症状が起こります。(季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)のしくみはこちら) ゾレアは花粉のIgEと結合し、IgEとマスト細胞の結合を邪魔することで、アレルギー反応=炎症を、その元から抑えます。

ゾレアの効能又は効果

・気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)
・季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る)
・特発性の慢性蕁麻疹(既存治療で効果不十分な患者に限る)

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください



ゾレアによる治療を受けるには

ゾレアによる治療を受けるには、以下の条件を満たしている必要があります。

そのため治療の前に血液検査、アレルギーの検査が必要になります。

■季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の薬を使用した
■上記の治療をおこなったにもかかわらず、効果が不十分で重症または最重症の状態であった
■血液中の総IgE値が30~1,500 IU/mLの範囲にある
■アレルギーがある(アレルギー抗原(スギ花粉)に対して陽性反応を示す)
■12歳以上で、体重が20~150kgの範囲にある

9.特定の背景を有する患者に関する注意(抜粋)

9.1合併症・既往歴等のある患者
9.1.1ラテックス過敏症の既往歴又は可能性のある患者
アレルギー反応を起こすことがあるので注意すること。注射針部分のカバーは、乾燥天然ゴム(ラテックス由来)を含む。
9.7小児等
<季節性アレルギー性鼻炎、特発性の慢性蕁麻疹>
9.7.3低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は12歳未満の小児を対象とした臨床試験は実施していない。

ゾレアによる治療

ゾレアは月に1~2回、病医院にて、皮下に注射していただきます。

ゾレアは通常、1回75~600mgを2週間または4週間ごとに医療機関を受診して、皮下に注射していただくお薬です。
治療は原則として原因である花粉の飛散時期に応じて行います。
自己判断でほかの処方薬を減量または中止しないでください。

ゾレアの投与量と投与間隔は、体重と血液中のIgE※の量によって設定されるため、患者さんごとに異なります。

※IgE:アレルギー反応が起こる際に重要な役割をもつといわれる物質で、アレルギー体質の患者さんの血液中に多く存在しています。

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください

ゾレアの副作用

ゾレアの主な副作用は、注射部位の赤みや腫れです。

ゾレアの投与で予想される主な副作用は、注射部位の反応です。
国内の臨床試験でもっとも多くみられた副作用は、注射した場所が赤くなったり、腫れたりする症状でした。


ゾレアの投与後は、以下の症状に注意してください。

  • 〇気管支のけいれん
    〇失神
    〇全身のかゆみ
    〇呼吸困難
    〇たちくらみ
    〇くちびる、舌、のどの奥の腫れ
    〇血圧低下
    〇蕁麻疹

このような症状が発現した場合、「アナフィラキシー」の可能性があり、全身にわたって生じるアレルギー反応により症状が急激に発症する可能性があります。ゾレア投与後の注意に関しては、医師や看護師の指導にしたがってください。

思いあたる症状があらわれた場合は、速やかに主治医や医療機関にご連絡ください。

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください



ゾレアによる治療中の注意

自己判断でほかの処方薬を減量または中止しないでください。

ゾレアは、すでに起こっている症状を速やかに軽減する薬剤ではありません。ほかの処方薬を減量または中止するときは、必ず主治医の判断に従ってください。
絶対に、自己判断で薬を減らしたりやめたりしてはいけません。
また、ゾレアはIgEの働きを抑制します。IgEは寄生虫感染に対する防御機能をもつので、この薬を使用中に寄生虫感染のリスクが高い地域へ旅行する場合には、注意が必要です。医師に相談してください。
ゾレアの使用で、めまい、疲労、失神があらわれたり、眠気でぼんやりしたりすることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作には注意してください。

ゾレア投与日と総IgE値を記録しておきましょう。

ゾレアの投与日と総IgE値は、次の花粉シーズンの用法・用量を決める際に必要になるため、上記の「投与管理シール」に記録し、必ずなくさないように保管してください。また、医療機関を受診する際には、このシールを主治医に見せてください。
また、体重や症状にあわせて、ゾレアの投与量や投与間隔を変更したりすることがあります。

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください


ゾレアが目指す治療のゴール

今までのお薬を使っても残っている症状をコントロールして、健やかな日常生活を送ることを目指します。

  • 集中して仕事ができるようになる
  • 集中して勉強ができるようになる
  • 集中して家事が行えるようになる
  • 新聞や本を集中して読める
  • 外出時のつらさが和らぐ
  • 朝までぐっすり眠れる

ゾレアの効能又は効果

・気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない難治の患者に限る)
・季節性アレルギー性鼻炎(既存治療で効果不十分な重症又は最重症患者に限る)
・特発性の慢性蕁麻疹(既存治療で効果不十分な患者に限る)

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください


医療費に関する諸制度

高額療養費制度によって、医療費の一部が払い戻される場合があります。

医療機関での1ヵ月の医療費の支払い額(自己負担額)が一定額を超えた場合に、超えた分の払い戻しが受けられる制度として「高額療養費制度」があります。ゾレアの治療を受ける際に、医療費の自己負担額によって「高額療養費制度」の対象となることがあります。
ゾレア皮下注シリンジの薬価は75mgで23,625円、150mgで46,490円(2019年12月現在)です。ゾレアによる治療を受ける場合の医療費には、ゾレアの薬剤費以外にも診察や検査にかかる費用、ゾレア以外の薬剤費が含まれます。これらの合計額の3割または2割、1割に相当する窓口での支払い金額(自己負担額)が、高額療養費制度で年齢や所得に応じて定められた自己負担限度額を超えた場合は、払い戻しの対象となります。

医療費控除によって、税金が安くなる場合があります。

同一世帯の年間の医療費の総額が10万円を超えた場合、領収書を添付して確定申告をすることによって、税金の一部が戻ってくる「医療費控除」という制度があります。
医療機関や診療科などの区別はなく、また、薬局・薬店で購入した風邪薬などの購入代金、入院時の部屋代・食事代のほか、医療機関への交通費も一部認められます。
領収書は捨てずに、ご家族の分もまとめて保管しておきましょう。

医療費に関する詳細は、
「知っておきたい医療費サポート制度Q&A」をご覧ください。

  • 高額療養費をはじめとする医療費サポート制度は、加入の保険者や皆さんの年齢・収入によって、利用できる内容や条件が変わってきます。
    そのため、最終的には加入の保険者に個別にお問い合わせいただくことをお勧めします。

問い合わせ先

高額療養費制度(加入保険によって異なる)

民健康保険市区役所、町村役場の国民健康保険課、保険年金課など
協会けんぽ全国健康保険協会
各種共済組合該当する共済組合
企業等の健康保険組合勤務先の健康保険担当部署
後期高齢者医療各広域連合

※保険証に保険者電話番号の記載がある場合はそちらに問い合わせてください。

医療費控除

税務署

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください


ゾレアの治療でかかる医療費

ゾレア皮下注シリンジの医療費について

ゾレアは通常、1回75~600mgを2週間または4週間ごとに投与します。ゾレアの薬剤費は、1ヵ月の投与量により異なり、窓口でのゾレア皮下注シリンジの薬剤費としての支払額は年齢・収入によって異なります。

※ゾレア皮下注シリンジの薬剤費は2019年12月現在のものです。

4週間に1回投与の方
2週間に1回投与の方

※75歳以上の方は後期高齢者医療制度への加入となります。詳しくはかかりつけの医療機関のソーシャルワーカー、都道府県の後期高齢者医療広域連合にお尋ねください。
1)健康保険の場合は標準報酬月額が28万円以上の方、国民健康保険および後期高齢者医療制度の場合は課税標準額が145万円以上の方(ただし申請により、年収ベースで二人世帯の場合は520万円未満、単身者世帯の場合は383万円未満であれば一般となる)
2)旧被扶養者(以前は被扶養者だったが、現在は後期高齢者医療制度被保険者となった者)がおり、旧被扶養者との合計年収が520万円未満の場合は、申請によって1割または2割の負担となります。

※2019年12月現在の高額療養費制度に基づき作成

ゾレアを含む治療で高額療養費制度が適用されるかどうか検討される際は、かかりつけの医療機関のソーシャルワーカーや、保険加入先にお問い合わせされることをお勧めします。

ゾレアについてのお問い合わせはお電話でご相談ください