その他外来

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)

帯状疱疹は高齢化とともにリスクが高くなる病気で、水ぼうそうを過去に罹患したことのある患者様の9割以上の方は、過去に死滅したはずの水ぼうそうウイルスが体内に潜んでおり、このウイルスが原因で罹患する可能性があります。
この弱体化していたウイルスが、高齢化とともに起こる免疫力の低下から、力を取り戻し、体に害を及ぼすことで帯状疱疹は発症します。
帯状疱疹が起こる部位は、頭からつま先までどこで発症するかは不明です。首から下に起きる場合はお薬などでの対処が可能ですが、首から上で起きた場合、顔面神経麻痺や失明などの重い後遺症が残る場合がある為、事前の対処をおすすめ致します。 接種は50歳以上を推奨としており、50歳以上での有効性97.2%、70歳以上での有効性89.8%とおよそ9割以上の効果を発揮します。
接種は2回(1回目から2か月後~6か月以内の接種で合計2回)
2回目の接種で抗体にブーストをかけることで、一気に効果を高めます。
接種後は筋肉注射の為、数日患部に炎症(痛み)が伴います。その他、多くの方に発熱など副反応が起こる可能性があります。 この様にシングリックスは帯状疱疹の発症率を高い確率で防ぐことができ、従来の生ワクチンに比べ大幅に効果を高めることが実証されています。
ご希望の方は、クリニックにご連絡頂き、接種の方法についてご説明を確認後ご予約下さい。
なお、シングリックスの接種の不適合な方もおられますので、ご了承ください。
シングリックスの接種不適合者(予防接種を受けることが適当ではない者)
・明らかな発熱を呈している者(37.5度以上)
・重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
・本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
・上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者

その他、接種当日医師による確認のもと接種ができない可能性のある者
・心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患などの基礎疾患を有する者
・予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹などのアレルギーを伴う症状を呈したことがある者
・本剤の成分に対して、アレルギーを呈するおそれのある者
・過去に痙攣の既往のある者
・過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
・血小板減少症や凝固障害を有する者、抗凝固療法を施行している者(筋肉内注射部位の出血のおそれあり)
・腎機能障害を有する者(注意)
・肝機能障害を有する者(注意)
・妊婦(予防接種の有益性が危険性を上回ると判断した場合のみ)
・授乳婦(授乳の継続、中止を検討)
・小児等(臨床試験が実施されていない)
・高齢者(予診票を注意する)

費用は1回接種にあたり22,000円(税込)
2回目の接種の際も22,000円です。

※薬剤が高額な為、有効期限などの理由からキャンセルは不可となります。ご不明な点はお問い合わせください。なお、発熱などの際の日程の変更は可能です。
お問い合わせについて
帯状疱疹ワクチンをご希望の方は、事前に確認したいことがありますので、お電話にてお問い合わせ頂きます様お願い致します。

TEL:03-3546-8733